就活サークル「チーム★Mirror」の就活生応援ブログ
メインブログをアメブロに移しました。http://ameblo.jp/kanotoshi/です。


プロフィール

加納敏彦

Author:加納敏彦
ビジネスコーチ加納敏彦です。
メインをアメブロに移しました。

「20代からトップ20%のビジネスパーソンになる方法」
http://ameblo.jp/kanotoshi/
アメブロも訪問してもらえたら嬉しいです。


「相互支援スクールGIFT」
オフィシャルサイトができました!

東京でビジネススクール&セミナーならGIFT
PC版オフィシャルサイト

東京でビジネススクール&セミナーならGIFT
モバイル版オフィシャルサイト

GIFT生の応援!
オフィス 引越し



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心のサプリ「僕らはつながっている」

心のサプリの2回目。当分はMr.Childrenでいこうかな。


Mr.Childrenファンなら、やっぱり今聞いているのは最新アルバム『I LOVE YOU』だよね。
このアルバムは、前向きになる曲が多い。就活生には絶対オススメ。聴きたい人は貸すから言ってね。


オススメ曲はいっぱいあるけど、一押しは最初の曲の「Worlds end」。この曲のテーマは「自由」と「つながり」だと思う。自由に飛翔して、でも大事な人ともつながり合って。


まさに僕が目指すイメージ。そしてチーム★Mirror実現したい関係性のイメージ。
ちなみにブログのデザインも「Worlds end」の曲をイメージしています。



「僕らはきっと試されてる どれくらいの強さで
明日を信じていけるのかを... 多分 そうだよ」

「『誰が指図するでもなく 僕らはどこへでも行ける
そう どんな世界の果てへも 気ままに旅して廻って...』
暗闇に包まれた時 何度も言い聞かせてみる


いま僕が放つ明かりが 君の足下を照らすよ 何にも縛られちゃいない
だけど僕ら繋がっている どんな世界の果てへも この確かな思いを連れて」


アルバム『I LOVE YOU』「Worlds end」より  


みんなでつながり合って照らし合って、就活を乗り切ろう。


スポンサーサイト
テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事

心のサプリ「プラスの力」

山本さん・川口さん・中川さん筆頭に、みんなかなり悩んでるね。。


みんなを応援するために、最初のシリーズは「心のサプリ」。心に風邪を引いたときに、ゴクッと一粒で元気に。そんなシリーズを目指します。


このネーミングは僕じゃなくて、角川書店から転職してきた先輩が作っていた情報誌のコーナー名。さすが上手い!僕のお気に入りコーナーなので、勝手に拝借します。



第1回は、Mr.Children好きの僕としては、やっぱりミスチルの曲で。山本さんの日記では紹介したけど、Mr.Childrenの「心のサプリ」ソング筆頭はやっぱり「終わりなき旅」しかない。僕の好きな歌詞を紹介します。聴きたい人は貸すから言ってね。



「難しく考え出すと 結局全てが嫌になって
そっとそっと 逃げ出したくなるけど
高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな
まだ限界だなんて認めちゃいないさ」
「胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように
いつも今日だって僕らは動いてる
嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅」

DISCOVERY「終わりなき旅」より


 


 


 



この曲は、僕が部活と就活で最も苦しかった大学3年の10月に出たんだよね。それから就活で辛いとき、そして社会人になって辛いとき、いつも僕を支えてくれている曲です。(最近も聴いた(笑))


有名なのは「難しく考えだすと――」のフレーズだけど、僕が一番好きなのは「胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように いつも今日だって僕らは動いてる」の部分。


今悩んでいることは無駄じゃない。いつかプラスの力に変わる。
そうだ、悩んだっていい。たくさん感じてたくさん悩んで、たくさん動いてたくさん成長していけばいい。
そう自分に言い聞かせると、前を見る力が出少しだけどわいてくる。


就活でたくさん悩んで、それをプラスの力に変えていこう。


テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。