FC2ブログ
就活サークル「チーム★Mirror」の就活生応援ブログ
メインブログをアメブロに移しました。http://ameblo.jp/kanotoshi/です。


プロフィール

加納敏彦

Author:加納敏彦
ビジネスコーチ加納敏彦です。
メインをアメブロに移しました。

「20代からトップ20%のビジネスパーソンになる方法」
http://ameblo.jp/kanotoshi/
アメブロも訪問してもらえたら嬉しいです。


「相互支援スクールGIFT」
オフィシャルサイトができました!

東京でビジネススクール&セミナーならGIFT
PC版オフィシャルサイト

東京でビジネススクール&セミナーならGIFT
モバイル版オフィシャルサイト

GIFT生の応援!
オフィス 引越し



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■耳の痛い情報や新しい情報をどう受け取るか?

ここ数回、「就活が順調な人」と「どうも上手くいかない人」の違いを考えてきました。


復習すると、このような違いでした。(前のを読んでない人は、先にこっちを読んでくださいね)
◆最大限やり切ったという納得感の違い
http://kanotoshi.blog58.fc2.com/blog-entry-21.html
◆成長ノートの使い方の違い
http://kanotoshi.blog58.fc2.com/blog-entry-23.html
◆読解力への意識の違い
http://kanotoshi.blog58.fc2.com/blog-entry-24.html


耳が痛かった人も多かったと思います。
今回は、耳の痛い情報や新しい情報(自分が知らなかった情報)をどう受け取るかについて考えたいと思います。


みんなの就活サポートをしていて感じたことですが、自分にとって耳の痛い情報や新しい情報に出合った時、人の反応は大きく3パターンに分かれることに気づきました。その3つとはこれです。あなたはどのタイプですか?


①【拒否反応タイプ】
「なに言ってんのコイツ!」と拒否感反応を示し、情報を受け入れない人


②【ネガティブタイプ】
「あー、だから私はダメなんだ…」と自信をなくしてしまう人

③【受け入れタイプ】
「あー、自分に足りないのはこれだったんだ!」と、情報を受け入れる人


①【拒否反応タイプ】の人がとっても多いですね。耳が痛い情報を受け入れるのはツライことです。普通の人は、自分に都合のいい情報だけ受け取り、都合の悪い情報は受け入れないことで、心の安定を保ちます。


 ②【ネガティブタイプ】の人は、①のタイプよりやっかいです。せっかくいい情報に出合ったにも関わらず、自分で自分をマイナスの方に追い込んでしまう。根がネガティブな人に多い受け取り方です。


③【受け入れタイプ】の人はほとんどいません。なぜなら耳が痛い情報を受け入れるのには強い心理的ストレスがかかるため、意識的なトレーニングが必要だからです。


僕の今回のメッセージはもちろんこれです。
「耳の痛い情報や新しい情報を、ニュートラルに受け入れる心構えを持とう!」


特に、耳の痛い情報というのは、自分で勝手に「耳の痛い」という解釈をしているだけで、実は情報自体は「ニュートラル(中立)」です。


例えば、みんなが「就活で成功する人は『成長ノート』をしっかり書いて、日々成長している」という情報に出合ったとします。この情報自体は、ただの中立的な事実にすぎません。それなのに、出合った瞬間に多くの人は「何言ってんの、コイツ!」と否定しにかかるか、「あー、だから自分はダメなんだ…」とネガティブな意味を加えてしまいます。


みんなには、出合った情報に変な意味を込めず、ぜひ素直にニュートラルに受け取ってほしいと願っています。そのためには「どんな情報でも自分にとって役に立つ」「全ての情報は自分を成長させる」という心構えで、情報へのアンテナを張ることが大切です。アンテナの張り方を間違えると、いい情報も受け取れなくなるので、注意してくださいね。


これはしかし、言うのは簡単ですが、やるのは難しいことです。意識的に努力をし続けて、僕もようやく少しできるようになってきただけなので、偉そうには言えません。


でも「トレーニングで誰でもできるようになる」という確信は持てるようになってきました。みんなで励まし合いながら、耳の痛い情報も出し合って、一緒に成長していこう!


スポンサーサイト
テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事

■「読解力」が成長の源泉

前回に引き続き、就活が順調な人といまいちな人の差を考えるシリーズです。今回のネタも、だいぶ前にチーム★MirrorのMLで書いたことだけど、きっと忘れていると思うので改めて加筆修正して書きますね。


成長スピードが速い人の共通点は何なんだろう?それをずっと考えていました。そして1つの答えに至りました。何だと思いますか?

それは「読解力」です。
情報を受け取る力、つまりインプットする力です。(小論文編集者らしいですね♪)

これは、NTT東日本を始め、たくさんの内定を総取りした、Yさんからのメールで気づきました。その部分だけ紹介しますね。


私はあまりたくさんミラーに参加できたわけではなかったけれど、それでも本当にあの会があってよかったな~って思います。
加納さんが作ってくれたレジュメやブログは何度も何度も読み直していました。実は・・笑。たくさんの勉強の場を提供してくれて、本当にありがとうございました。とっても役に立ちました。


例えば、面接対策レポートで「内定オーラ」について書きました。
みんな、「内定オーラ」のポイントがすぐに言えますか?
少なくともポイントがわかっていないと、「内定オーラ」を出すことはできないのはもちろん、出せるようになるための努力もできません。


チーム★Mirrorの勉強会に参加する人を見ていても、ポイントが頭に入っている人と入っていない人がいます。その差が就活の成長スピードにも表れていると感じます。
ポイントを正しく読解して、少なくとも頭に入れておいてくださいね。 それさえできればあとは、アクション(=練習)だけで効率的に急成長できます。

ちなみに、「読解力」というのは、「力」という言葉を使っているけど実はこれは能力ではありません。「習慣」です。情報をちっきりと頭に入れようと思う姿勢と、実際にやる習慣なんです。


読解力のある人とない人の違いは、ある情報に出合ったときに、さらっと流し読みをして終えてしまう人と、何度も繰り返し読んで頭にしっかり入れる人の、習慣の違いです。
言い換えれば「十を聞いて一を知る」か「十を聞いて十を知る」かの違いです。頭の良し悪しはほとんど関係がないことが、脳科学で証明されています。(「一を聞いて十を知る」には頭の良さも必要ですが、「十を聞いて十を知る」のには、頭の良さは必要ないわけです。)


情報を確実にインプットする努力を、一緒にしていこう。
(これは「急成長の方程式」の「気づき」を高めるメソッドの1つです。)
これは普段の心がけと実際にアクションすることで、すぐに習慣になっていきます。(経験則として、3週間あれば習慣にできます)

(習慣にすることの大切さは、ドラッカーの『プロフェッショナルの条件』に詳しく書かれていますね。就活中に読む必要はないけど、就活が終わった人はぜひ読んでください)


就活中は移動時間が多いと思うので、ぜひ僕が作ったレポートを持ち歩いてスキマ時間に繰り返し読み込んでください。

みんなが就活を通して急成長をしていくことを心から応援しています。就活を続けている人にとっては辛い時期だけど、一緒に乗り切っていこう!


テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事

「成長ノート」を活用できてますか?

就活をしているみんな、おつかれさま&お楽しみさまです。
今日は前に話した「成長ノート」について、改めて書きます。成長ノートってなんだっけ?っていう人はしっかり読んでね。


最近感じるのが、就活で苦戦している人と順調な人との差の1つが、成長ノートの使い方ではないか?ということです。成長ノートを上手く活用して内定を取れたという声もたくさん寄せられます。成長ノートを活用し切れていないと思う人は、まずは上手に活用している人の声を参考に、使い方を工夫してみてくださいね。


体験談は東レから内定を取ったYさんです。


私は面接が苦手だったのですが、Kano Methodで紹介されていたように「成長ノート」を作成したところ、自分の強みをどこで発揮すればよいのかがだんだん分かるようになりました。面接に慣れていなかった最初のころのノートには、悪かった点、改善点がたくさん並んでいますが、それを見るたびに「次はこう答えたい!」という意識を強め、次につなげることが出来ました。


実際にノートに書き出してみることで、頭で考えていることが整理できるので、よりたくさんの問題点を発見できました。そのおかげで、自分がいま何をすべきかを見極め、行動することが出来たのだと思います。


「現実を変えるのは、行動だけ。想像しただけでは、何も変わらない。」
加納さんのこの言葉は、私が就職活動中に励みになった言葉です。
成長するにはみずからアクションを起こし、そこから得るものを大切にすることが大事だということを、加納さんから学ぶことができました。
就職活動の力強いサポートをしてくださり、本当にありがとうございました。


 就職活動という毎日の「アクション」をしっかり振り返り、「気づき」を得て、次の「アクション」につなげていくという、「急成長の方程式」に上手に乗っていますね。このように「成長ノート」を活用できれば、絶対に急成長できます。あまり「成長ノート」を使っていない人は、今から使ってくださいね。


「成長ノート」ってなんだっけ?という人のために、レポートの内容を抜粋しておきますね。



 そこで、就職活動中に僕が成長するためにやっていた秘密を紹介します。それがこれから説明する「成長ノート」です。早速その内容を紹介します。


僕は毎回のOB・OG訪問や面接が終わったら、すぐに近くの喫茶店などに入り必ず「成長ノート」にメモを取りました。「必ず」です。


メモには
■「面接に挑むあり方や意識すること」(これは事前に書く)
■「その面接(や社員訪問)で質問されたこと」
■「自分が話したことに対する分析」(あり方・話し方・話した内容のそれぞれで、機能した点・機能しなかった点など)
■「次はこうして違いを創るという改善案」
■「今回得た気づき」 (OB・OBにアドバイスされたことも当然書く)
■(特に先輩訪問で)「先輩のビジネスマインド」=ビジネスパーソンとして大切だと感じたこと
■「今日からアクションできること」
を毎回書いていったのです。


これはとても役に立ちました。面接の度に自分が成長している実感も持てます。
またその面接でたとえ落ちたとしても、そこからたくさんの気づきを得られ、次の面接に生かすことができました。面接が通った時もただ喜ぶだけではなく、ちゃんと通った理由が理解でき、改善ポイントも意識してできているので、次はさらにいい面接ができるようになりました。
これを繰り返すことで、面接で通るコツがわかってきました。通るコツがつかめてくると面接も心から楽しくなってきて、「内定オーラ」を出すことができるようになるわけです。


このように、紙(やPC)に「アクション」や「気づき」や書き残し、自分と対話しながら面接を反省するやり方は、自分を成長させるためのとても理にかなった方法であったと、今でも思います。僕は今でもかばんの中に、大きなノートと小さなノートの二つを入れていて、たくさんのメモをとっています。


これはOB・OG訪問にも使える方法なので、みんなもすぐにアクションしてくださいね。


テーマ:■就職活動 - ジャンル:就職・お仕事

「ごめんなさい」と「ありがとう」

今回は、就活と直結しないけど、どうしても書き残しておきたいことがあるので、打ち始めました。少し気持ちが整理できてきたので、今しか今の気持ちを言葉にできるチャンスがないと感じています。


テーマは「ごめんなさい」と「ありがとう」。


実は今日、僕が会社の新人時代に新人育成担当をしてくださった、小山さんという方の告別式がありました。癌で46歳の若さでお亡くなりになりました。


数日前にそのことを知ったのですが、僕はその事実を全く受け入れることができず、悲しむことができませんでした。告別式にも行ってはいけない気がして、行かないつもりでした。小山さんが亡くなったことが実感できなかったのです。


同期に引っ張られ、なんとか告別式には行きました。でもとても冷静でした。全く他人事で、知らない人のお葬式のようでした。


「小山さん・・・」
気持ちを言葉にしようとしても、それ以上言葉が出ません。その後、言葉がかき消されてしまいます。


目をつぶってお経を聞きながら、小山さんのことをずっと考えていました。新人時代、生意気な意見ばかり言う僕に「加納くんはもう・・・」と呆れながら、必ずしっかり話を聞いてくれた小山さん。僕のわがままな意見を幹部会に上げて検討してくれた小山さん。3年前に癌が悪化し、退社された小山さん。それでも僕たちの飲み会に参加してくださった小山さん。小山さんのことを考えていたら、1つの言葉だけが沸いてきました。


「小山さん・・・ごめんなさい・・・。」


「ごめんなさい」。この言葉が出てきたとき、今まで冷静だったのに、急に涙が溢れてきました。小山さんが亡くなったことが急に実感されてきました。僕の小山さんへの思いは「感謝」ではなく「後悔」であることに、情けなさを痛感しました。


小山さんとは去年、飲む約束をしていました。でも、仕事が忙しく、僕は行けませんでした。また飲みに行けばいいや。そう思っていました。飲み会をドタキャンしてしまった小山さんはもういません。僕は「ごめんなさい」という言葉しか出ませんでした。


小山さんの病状をどこまで理解していたのか?小山さんとの飲みよりも大事な仕事なのか?朝早く出社して頑張れば、終われたのではないか?全てが後悔の念しかありません。「ごめんなさい」としか言えない自分がいました。みんなと同じです。


目をつぶって涙をこらえながら、自分の情けなさをずっと考えていました。涙と後悔しか沸いてきません。それ以上言葉になりませんでした。


ふと目を開けると、小山さんの写真が目に入りました。
「小山さんはこんな僕のことをどう思っているんだろう?」
小山さんの気持ちを考えました。


小山さんは絶対に僕のことを怒ってない。「加納くんはもう・・・」と呆れながら、僕のことを相変わらず心配してくれている顔が鮮明に浮かびました。


「小山さん・・・ありがとう・・・。」
自然とこの言葉が浮かんできました。ずっと言いたかったけど、言おうとするとかき消されてしまった言葉。
もっと涙が出てきました。でもやっと、小山さんの死を自分の中で受け止めることができました。


小山さんのおかげで、自分が新人の時から、ちっとも成長していないことに気づきました。知識やスキルはついているけど、人としての器が全く大きくなっていない。それがよくわかりました。


小山さんは僕の心の中にいます。2年前に久しぶりに飲んだ時に、小山さんが「加納君もすっかり立派になっちゃって」と笑っていたのを思い出します。


小山さんが「立派になったね」って安心して言えるように、もっと成長します。「ごめんなさい」ではなく、「ありがとう」を言える人になります。このブログで宣言します。


自己満足な日記をここまで読んでくれて、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。


テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事

落ち込んでいる人、元気のない人へ

就職活動があまり順調だとは言えないけど頑張って続けている人、
結果は第一志望ではなかったけど納得して自分の道を進もうとしている人、
就活でまだ悶々としている人、
そんなふうに頑張って一歩を踏み出そうとしているみんなに、エールを込めて、あるメッセージを送ります。


それは「運のいい出来事も悪い出来事もない。あるのは事実だけだ」ってこと。


これは、「急成長の方程式」のマインドの1つ、「ニュートラル・マインド」で解説しようと思っていたのだけど、結局勉強会で触れる時間がありませんでした。
今回は「起こることを中立に受け取る」ということを考えたいと思います。


これはある本を読んでいて「なるほど!」と思い、自分の方法論に取り込みました。まずはその文章を紹介します。



  たとえば、ツキを良くしたいと願う人がいる。けれども、人生でツキを良くしたいと願う者の多くが、心構えが違っているので、ツキのない人生を送っているわけだ。その原因を考えずして、ただ『ツキだけよくなりたい』と願う者は、どんどんツキのない現象を引き寄せてしまう。
 一方で、ツキの良い人間とは『自分はツキが良い』と信じていて、『ツキがよくなりたい』とは考えていない。


 この微妙な差が、ツキの良い人生、ツキのよくない人生を実現してしまう。こう言うと、良い人生と悪い人生があるのなら、良い人生を選びたいと多くの人は考えるだろう。しかし、実は人生には良いことも悪いこともまったくない、ということを君に知ってもらいたいのだ。


 というのも、ある出来事はある人にとっては、素晴らしく良いことであり、ある人にとってはたいへん悪いことでもあり得るからね。単に起こる中立の出来事を、どのように解釈して人生に生かしていくかによって、君の人生が決まるということだ。


 起こる現象から自分が何をできるかを考え、そして目の前のことをこなしてゆく。そういう心構えがあってこそ、初めて幸せに豊かに生きることができるようになる。


(本田健著『ユダヤ人大富豪の教え』より)



 


「運のいい出来事も悪い出来事もない。あるのは事実だけだ」
これは僕の心の支えです。


僕は第一志望の大学に落ちました。第一志望の企業にも実は落ちました。入社してからも、第一志望の部署に行けませんでした。異動希望を出して、通ったと思ったら、別のセクションに行かされたこともありました。異動希望を出して通ったのに、直前に白紙に戻ってしまったこともありました。


人生、予定通りにはなかなか行きません。。それを自分でも痛感しています。だから、就職活動が上手くいかなくて悩んでいるみんなの気持ちが痛いほどよくわかります。


でも、僕と会ったことがある人ならわかると思うけど、僕は毎日すごく楽しく生きています。今の会社も好きだし、今の仕事にも誇りを持っています。


予定通りにいかない人生を、納得して受け止めて、楽しく生きていくには、全力で本気で努力して、最大限やり切ったという納得感が必要だと思う。それさえあれば、起こる現象を受け止められる。そこからアクションして、さらに成長すればいいだけ。


第一志望に落ちたことが、人生にとってマイナスであるかは誰にもわからない。第一志望を通ったことが、プラスであるかどうかも誰にもわからない。あるのは単なる事実。


就職活動中の人も、すでに終わった人も、「今」を全力でアクションして、これからも一緒に成長していこうよ。そして望んだ未来を自分の意志で一緒に創っていこう。


テーマ:■就職活動 - ジャンル:就職・お仕事

自分のやりたいことがわからなくなってしまった人へ

◆今回考えたい問題
4月8日に「思いはある。でも表現できない」をテーマにしました。今日考えたいのは「表現したい思いがわからない」という悩み、つまり「自分のやりたいことがわからない」という悩みについてです。


これは、就活サポートをしている中で、たくさんの人から聞く悩みでした。そして生きる上での最大のテーマだとも感じます。だからこそ気軽には触れられないテーマ。自分の結論がはっきりしていないこともあり、今まで書きませんでした。でも、今日、二つの軸が沸いてきたので、書きたい衝動に駆られてしまいました。


◆読んでほしい人
というわけで、今回は「自分のやりたいことがわからないけど、それをごまかしながら、なんとか就活を上手く乗り切れそう」という人は、軽く読み流してください。迷わせるかもしれません。。


今回読んでほしい人は、まさに「自分のやりたいことがわからなくなって、就活が上手く乗り切れそうにない人」と、就活は終えたけど「これって本当に自分がやりたいことだったのかな」と迷いが残っている人です。そして、未来の読者として、これから就活を始めようと思っている人にも読んでほしいです。


◆原因
「なぜ、自分のやりたいことがわからないのか?」  


よくよく考えると不思議な問いです。自分の本質的な欲求なのに、当の自分がわからないなんて。。
やりたいことをやる。生きる上で自然なことなのに、やるのはなかなか難しい…。


「自分のやりたいことがわからない」理由として、大きく2つあるという考えに至りました。
1つは「今まで、やりたいこと・好きなことをやることをしないできてしまったから」。もう1つは「やりたいことが自分の中にあって、いつかふつふつと沸いてくると考えてしまうから」です。片方の人もいれば、両方の人もいるのかなと思います。


最初に、1つめの理由「今まで、やりたいこと・好きなことをやることをしないできてしまったから」について考えます。


「自分のやりたいことがわからない」という人は、自分がやりたいことではなく、周りが期待すること、周りの期待に沿える得意なこと、周りが評価してくれることを、今までやってきたのではないかと思います。


勉強はやりたくないけど、みんながやれと言うからやってきた。
勉強をやる意味なんて考えたことがないけど、評価されたいからやってきた。
数学が好きかはわからないけど、得意だから理系にした。
大学では、好きな授業よりも単位が取りやすいものを選んできた。
など。


多かれ少なかれ、どの人にもあるけど、その傾向が強い人ほど、就職活動で急に「自分のやりたい職業を選べばいいんだよ」と言われて戸惑ってしまう。


逆に、これまでの進路選択の中で、ある程度「自分がやりたいこと」に比重を置いてきた人は、少しは悩んでも、すんなりと「自分のやりたいこと」を固めて、進んでいっている。そう感じます。


次に、2つめの理由「やりたいことが自分の中にあって、いつかふつふつと沸いてくると考えてしまうから」について。


これは勉強会の当初から言っていた「就活で自分探しをし始めたらダメ!」と同じです。


「自分がやりたいこと」っていうのは、実は自分の心の中にはない。人は社会的な生き物だから、「自分のやりたいこと」っていう、個体の内面的な欲求でも、人(社会)との関わりの中でしか生まれてこない。それは、現代の社会学や心理学で証明されていることだし、僕の実感としてもすごくそう思います。これは「自分らしさ」「個性」というのも同じです。


僕自身、コアとしての「やりたいこと」は就活中も今も変わらないけど、いろいろな経験や人との出会いの中で、方向性が何度か変わってきています。「やりたいこと」っていうのは、そうやって、人との関わりの中で育てていくもの・鍛えていくものなんじゃないか。そう実感する今日この頃です。


これは1つめの理由と矛盾しているように思えるかもしれないけどそうじゃない。1つめの理由は「やりたいことを自分の『外』に依存してしまう」ことで嵌ってしまう罠で、2つめの理由は「やりたいことを自分の『内』に想定してしまう」ことで嵌ってしまう罠。


「やりたいこと」は、内にも外にもない。その『間』に「作られる」。自分と人(社会)との間、人と関わっている自分、社会の中の自分。言い方はいろいろあるけど、山田ズーニーさんのいう「橋を架ける」という感じが近いな。少しずつ橋を架けるようにこっちとあっちをつなぐように「作っていく」ものなんだと思う。だから、これまで作ってこなかった人は、探しても突然見つかるものではない。だから、やりたいことがわからなくなってしまった人は、ジタバタしないほうがいいと思う。やりたいことがわからない人の方が多いわけだし、明確にわかっている方が恐らく勘違いだしね。


◆解決策
以上を踏まえて
「自分のやりたいことがわからない」場合、どうしたらいいのか?を整理してみます。


この問題は、ここまで考えきたように、心の状態(マインド)が大きく影響しているので、HOW TOのようなテクニック論では解決できないよね。だけど、ささやかなアクションの方向性を考えてみたので、一緒に実践していきたいな。


理由1「今まで、やりたいこと・好きなことをやることをしないできてしまったから」が原因だと思う人は、「自分のやりたいこと」を、人の基準から、自分の基準として取り戻す必要があると思う。今から、普段の小さなことから「周りに合わせるのではなく、自分の心がやりたいと感じること」をする。そのアクションの積み重ねしかないと思う。


例えば友達とランチを食べる時、パスタが食べたいと思ったら、とりあえず「私パスタ食べたいな」と言ってみる。意外と、こういう小さいところから、基準を自分以外に委ねてしまっている人が多いと感じます。大きな「やりたいこと」を作るためには、小さな「やりたいこと」を自分の意志で積み重ねていくことが大事だと思う。小さなアクションを変えることで、マインドも変えられるので、今からでは遅いと思わず、アクションしていこう。


理由2「やりたいことが自分の中にあって、いつかふつふつと沸いてくると考えてしまうから」が原因だと思う人は、独りで悶々と考えることをやめる。自分の内に引きこもったところで、自分の内面を掘ったところで、「自分のやりたいこと」なんて沸いて出てこない。


人と話す。人に相談する。OB・OG訪問をする。
とにかく人と会って、積極的に関わって、その中で「自分のやりたいこと」を少しずつ作っていく。
これもこういう小さなアクションの積み重ねでしか解決しない。人という鏡を見ることで、自分の姿が見えてくる。僕でよかったらいつでもみんなの「鏡」になります。自分では見えていないけど、鏡に映してみると、実はすでにかなり作られているということもあるよ。


あと、もう1つ、実は有効な解決策だと思うことがある。それは「ひとまず働いてみる」ということ。どれだけ考えても、どれだけ人と関わっても、働いたことがない時に「やりたい仕事」とか「仕事のやりがい」とかを、見つけるのはやっぱり難しい。僕も働いてみて、「あれ、思った感じと違うな」「自分ってこんなんだったんだ!」という発見とともに「作られていく」側面もあることを実感します。


今「自分のやりたいこと」がはっきりしないと焦っても、悪循環になるだけなので、そのテーマを意識しながら働いていくっていうのも、いい作戦だと、社会人のサポーターは強く思っています。


◆最後に
僕の考えは以上です。僕のやりたいこともみんなのやりたいことも、これからも変わったり、時には強い出会いの中で崩れてしまったりと、いろいろあると思う。でもそれはそれで正しいプロセス。将来「やりたいことがわからない」という状態になってしまったら、今日の話をちょっとでも思い出してもらえると嬉しいです。


このテーマは特に、就活中のみんなの声を聞かせてほしいです。異論・反論・質問、なんでもいいので、ぜひ感想を聞かせてね。


テーマ:■就職活動 - ジャンル:就職・お仕事




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。