FC2ブログ
就活サークル「チーム★Mirror」の就活生応援ブログ
メインブログをアメブロに移しました。http://ameblo.jp/kanotoshi/です。


プロフィール

加納敏彦

Author:加納敏彦
ビジネスコーチ加納敏彦です。
メインをアメブロに移しました。

「20代からトップ20%のビジネスパーソンになる方法」
http://ameblo.jp/kanotoshi/
アメブロも訪問してもらえたら嬉しいです。


「相互支援スクールGIFT」
オフィシャルサイトができました!

東京でビジネススクール&セミナーならGIFT
PC版オフィシャルサイト

東京でビジネススクール&セミナーならGIFT
モバイル版オフィシャルサイト

GIFT生の応援!
オフィス 引越し



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■時間に対する愛情ある配慮

前回の「1日を48時間にする方法!」がとても好評でした。時間の使い方は、就職活動においてもビジネスにおいても、成功と失敗をを分けるところなので、今回も続けます。


僕が時間の使い方について真剣に考え始めたのは、社会人の時に読んだある本がきっかけだったんです。これは名著だと思うので、みんなにも紹介します。


それは、経営学の巨匠ピーター・ドラッカー氏の(『プロフェッショナルの条件』です。(残念ですが先日お亡くなりになりました)
巨匠ドラッカー氏は、時間の大切さについての名言を僕たちに残してくれました。


「時間は、借りたり、雇ったり、買ったりすることはできない。」


「簡単に消滅する。蓄積もできない。決して戻らない。
したがって、時間は常に不足する。時間は他のもので代替できない。」


「時間はあらゆることに必要となる。
時間こそ真に普遍的な制約条件である。
あらゆる仕事が時間の中で行われ、時間を費やす。
しかるに、ほとんどの人が、この代替できない必要不可欠な資源を当たり前のように使う。


おそらく、時間に対する愛情ある配慮ほど、成果をあげている人を際立たせるものはない。


(『プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか はじめて読むドラッカー (自己 実現編)―』ダイヤモンド社より)


この言葉はまさに真実だと、社会人になって本当に痛感しています。就職活動がピークの人もわかってきたと思います。
3年生にはなかなか実感がわかないかもしれませんが、就職活動に使える時間がすごく少ししかないことは、だんだん感じてきていると思います。


時間の大切さは、多くの人にはあまり重要視されません。でも、成長・成功する人は、とても強く意識しているという傾向があります。就活生でも、ここを意識できている人とできていない人とでは、成長スピードが全然違います。


「チーム★Mirror」のみんなには、就職活動で急成長して、自分のやりたいことを実現する第一歩にしてほしいです。時間に対する考え方を改めて、何でもいいから今すぐ動き出そう!



あ、最後に1つ。就活を終えた人の中にも、学生気分でダラダラした生活に戻ってしまう人と、ビジネスパーソンとしての心構えができてアクティブに動き続ける人がいるなあと感じます。「チーム★Mirror」のみんなは、間違っても前者にならないように!


スポンサーサイト
テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事

■1日を48時間にする方法!

学生とビジネスパーソンとの大きな違いの1つが、「時間の流れ方」です。ビジネスパーソンは一定時間内に、世の中に価値を生み出していくのが仕事なので、時間をいかに濃密にしていくかが、その人のビジネスパーソンの価値を左右するわけです。


この、学生とビジネスパーソンの「時間の流れ」のギャップの大きさを初めて痛感するのが、就職活動ですね。それまでマイペースでのんびり学生生活を送ってきて、急にビジネスのペースを要求されて、右往左往してしまう人が多いです。僕もそうでしたが。。「1日24時間じゃたりなぃ~!!」なんてmixiコミュニティも盛り上げっていますが、今の僕にとっても切実な問題です。


というわけで今回は、社会人7年目の僕がやっている「1日を48時間にする方法!」を紹介したいと思います。ぜひマネできることから取り入れて、濃密な就活に役立ててもらえたら嬉しいです。


チーム★Mirrorの勉強会でも数人に言いましたが、全体には言っていませんので、就活を今まさに頑張っている人はもちろん、就活を終えてビジネスパーソンとしての準備を進めている人もしっかり読んでくださいね。


結論から言ってしまうと「1日を48時間にする方法!」とは、「頭と体を別々に動かす」ってことです。1時間は誰にとっても同じですが、その1時間を「頭と体を別々に動かす」ことで2時間分の価値を生み出すわけです。


歩きながら(=体を使いながら)、考え事をする(=頭を使う)ということを誰でもしていますよね。このような頭と体の同時使用を、意識的に増やしながら、それぞれの時間の質を高めていくわけです。


これを意識的に質と量を増やしていくことが大切です。体は誰でも使うけど、頭を有効に使っている人が少ないので、頭の使い方を中心にコツを書きますね。


僕が心がけている、質と量を意識的に高めるコツは3つです。
(1)「耳で聴く」
(2)睡眠時間を有効活用する
(3)ボーっとする時間も有効活用する


(1)「耳で聴く」
面接やESでいいアウトプットをするためには、いいインプットをすることが大切であることは勉強会でも強調してきました。「豊かなアウトプットは、豊かなインプットから生まれる」というのは、編集部の先輩、山田ズーニーさんの言葉です。


そして、情報をたくさんインプットするための最も効率な方法が「耳で聴く」ことです。英語の勉強などで、「耳で聴く」ことによる記憶力の強さは誰でも知っているのに、受験勉強が終わると、やらなくなってしまう人が多くて残念です。


僕はIpodに大量のビジネスセミナーを入れていて、いつも聞いています。例えば1日1人でブラブラと買い物をする(=体を使う)時には、ずっとセミナーを聞いています(=頭を使う)。そうすると買い物が終わった時には、5時間分のセミナー受講も終わっているわけです!


買い物でなくても、例えば満員電車に乗った時でも、イヤホンさえ耳に入れれば、身動きができなくても、目的地に移動しながら(=体を使いながら)勉強ができる(=頭を使う)ことができるわけです。電車で寝ている人も多いですが、もったいないですね。


Ipodなどを持っている人はかなりいますが、音楽以外を聴いている人は少ないですね。面接練習でみんなの声を録音して配ったりもしましたが、デジタル機器の進化で録音はとても手軽になりました。僕のアドバイスを録音して何度も聞いている意識の高い人もいます。


みんなもいつでもどこでもできる自分に合った勉強を、ぜひ工夫してみてください。勉強に特別な時間を割く必要なんてないんです。まずは、電車の中の時間を工夫してみてください。


(2)睡眠時間を有効活用する
1日の4分の1~3分の1を使用する睡眠。この時間を有効に活用することが「1日を48時間にする」ためには重要ですね。


最近の脳科学によって、夢というのは記憶を整理するプロセスであることがわかってきました。起きている間にインプットした大量の情報を処理するために、他の思考をシャットダウンして情報を整理しているわけです。このプロセスを有効活用するのが2つめのコツです。


具体的に説明すると、考えたいこと、答えを出したいことを、明確な「問い」にしてから寝るんです。例えば「自分が作った「スーパー勝ち犬」になる!コミュニティへたくさんの人に来てもらうためにはどうしたらいいか?」という感じで、自分に質問してから寝るんです。


そうすると、脳は睡眠で記憶を整理しながら、僕の問いに対する答えを探してくれるわけです。簡単な質問なら翌朝は翌日の午前中ぐらいに、答えが浮かんできます。例えば「似たコミュニティへオススメレビューをアップして、そこに「スーパー勝ち犬」のアドレスを入れよう!」と閃くんですね☆難しい質問でも、問いにしておくことで、ある時フッと答えが浮かんできます。


これも脳科学的に実証され始めているので、ぜひ試してみてくださいね。6時間睡眠(=記憶の整理)を12時間(記憶の整理+考える作業)の価値にできたら、人生がとても長くなります。


ちなみに、質の高い睡眠をとることは、起きている時間を濃密にするためには、当然必須ですよね。これについてはいろいろな本が出ているので詳しくは触れませんが、学生のみんなに言っておきたいことがあります。それは脳科学的には「睡眠は1日6時間で十分」と言われていることです。


僕は小学生時代から学生時代までずっと「睡眠は8時間がベストだ」と信じていて、8時間睡眠を保っていました。しかし社会人になって激務になったので、意識的に6時間に減らしてみました。すると、なんと普通に生活できてしまったんですね…。


ということは、1日6時間睡眠で過ごしていたら、大学4年間で120日、つまり不眠不休で4ヶ月も活動できたわけです。もったいない…。学生は時間があるので、たくさん寝る人が多いですが、6時間以上寝ている人は、ぜひ6時間睡眠を工夫してみてください☆


(3)ボーっとする時間も有効活用する
ここまで、ひたすら頭をフル活動させるコツを書いてきました。引いてしまった人もいるかもしれませんね。


僕は「ボーっとする時間」もとても好きです。ムダなことを考えたり、空想にふけったり。考え事をせず、映画の世界に浸ったり。とっても楽しいですよね。


僕が言いたいことは「メリハリをつけよう!」ということです。ボーっとするときはボーっとする。思考をめぐらせるときはめぐらせる。僕はボーっとするときにも「意識的に」そうすることにしています。そうすると、その他の時間での大量のインプットがあるので、ボーっとしている時に、フッっとアイデアが閃くことも多いです。偉大な発明はお風呂や散歩などの時に生まれると言われるのは、このためだと思います。メリハリをつけた頭の使い方をして、ボーっとする時間も有効活用しましょう。


今回はこだわりのあるところだったので、長くなってしまいました…。ここまで読んでくれた人、ありがとうございます。このメソッドはまだまだ発展途上で、将来的には「1日を72時間にする方法!」に昇華したいと思っていますので、続きに期待していてください!(ビジネス界のカリスマ、神田昌典さんは72時間のレベルにすでにいってますね。早く追いつきたいです。)


ぜひ感想など、コメントに書き込んでもらえると嬉しいです☆時間を有効に使って、濃い就職活動をしていこうね!


テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。