就活サークル「チーム★Mirror」の就活生応援ブログ
メインブログをアメブロに移しました。http://ameblo.jp/kanotoshi/です。


プロフィール

加納敏彦

Author:加納敏彦
ビジネスコーチ加納敏彦です。
メインをアメブロに移しました。

「20代からトップ20%のビジネスパーソンになる方法」
http://ameblo.jp/kanotoshi/
アメブロも訪問してもらえたら嬉しいです。


「相互支援スクールGIFT」
オフィシャルサイトができました!

東京でビジネススクール&セミナーならGIFT
PC版オフィシャルサイト

東京でビジネススクール&セミナーならGIFT
モバイル版オフィシャルサイト

GIFT生の応援!
オフィス 引越し



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分のやりたいことがわからなくなってしまった人へ

◆今回考えたい問題
4月8日に「思いはある。でも表現できない」をテーマにしました。今日考えたいのは「表現したい思いがわからない」という悩み、つまり「自分のやりたいことがわからない」という悩みについてです。


これは、就活サポートをしている中で、たくさんの人から聞く悩みでした。そして生きる上での最大のテーマだとも感じます。だからこそ気軽には触れられないテーマ。自分の結論がはっきりしていないこともあり、今まで書きませんでした。でも、今日、二つの軸が沸いてきたので、書きたい衝動に駆られてしまいました。


◆読んでほしい人
というわけで、今回は「自分のやりたいことがわからないけど、それをごまかしながら、なんとか就活を上手く乗り切れそう」という人は、軽く読み流してください。迷わせるかもしれません。。


今回読んでほしい人は、まさに「自分のやりたいことがわからなくなって、就活が上手く乗り切れそうにない人」と、就活は終えたけど「これって本当に自分がやりたいことだったのかな」と迷いが残っている人です。そして、未来の読者として、これから就活を始めようと思っている人にも読んでほしいです。


◆原因
「なぜ、自分のやりたいことがわからないのか?」  


よくよく考えると不思議な問いです。自分の本質的な欲求なのに、当の自分がわからないなんて。。
やりたいことをやる。生きる上で自然なことなのに、やるのはなかなか難しい…。


「自分のやりたいことがわからない」理由として、大きく2つあるという考えに至りました。
1つは「今まで、やりたいこと・好きなことをやることをしないできてしまったから」。もう1つは「やりたいことが自分の中にあって、いつかふつふつと沸いてくると考えてしまうから」です。片方の人もいれば、両方の人もいるのかなと思います。


最初に、1つめの理由「今まで、やりたいこと・好きなことをやることをしないできてしまったから」について考えます。


「自分のやりたいことがわからない」という人は、自分がやりたいことではなく、周りが期待すること、周りの期待に沿える得意なこと、周りが評価してくれることを、今までやってきたのではないかと思います。


勉強はやりたくないけど、みんながやれと言うからやってきた。
勉強をやる意味なんて考えたことがないけど、評価されたいからやってきた。
数学が好きかはわからないけど、得意だから理系にした。
大学では、好きな授業よりも単位が取りやすいものを選んできた。
など。


多かれ少なかれ、どの人にもあるけど、その傾向が強い人ほど、就職活動で急に「自分のやりたい職業を選べばいいんだよ」と言われて戸惑ってしまう。


逆に、これまでの進路選択の中で、ある程度「自分がやりたいこと」に比重を置いてきた人は、少しは悩んでも、すんなりと「自分のやりたいこと」を固めて、進んでいっている。そう感じます。


次に、2つめの理由「やりたいことが自分の中にあって、いつかふつふつと沸いてくると考えてしまうから」について。


これは勉強会の当初から言っていた「就活で自分探しをし始めたらダメ!」と同じです。


「自分がやりたいこと」っていうのは、実は自分の心の中にはない。人は社会的な生き物だから、「自分のやりたいこと」っていう、個体の内面的な欲求でも、人(社会)との関わりの中でしか生まれてこない。それは、現代の社会学や心理学で証明されていることだし、僕の実感としてもすごくそう思います。これは「自分らしさ」「個性」というのも同じです。


僕自身、コアとしての「やりたいこと」は就活中も今も変わらないけど、いろいろな経験や人との出会いの中で、方向性が何度か変わってきています。「やりたいこと」っていうのは、そうやって、人との関わりの中で育てていくもの・鍛えていくものなんじゃないか。そう実感する今日この頃です。


これは1つめの理由と矛盾しているように思えるかもしれないけどそうじゃない。1つめの理由は「やりたいことを自分の『外』に依存してしまう」ことで嵌ってしまう罠で、2つめの理由は「やりたいことを自分の『内』に想定してしまう」ことで嵌ってしまう罠。


「やりたいこと」は、内にも外にもない。その『間』に「作られる」。自分と人(社会)との間、人と関わっている自分、社会の中の自分。言い方はいろいろあるけど、山田ズーニーさんのいう「橋を架ける」という感じが近いな。少しずつ橋を架けるようにこっちとあっちをつなぐように「作っていく」ものなんだと思う。だから、これまで作ってこなかった人は、探しても突然見つかるものではない。だから、やりたいことがわからなくなってしまった人は、ジタバタしないほうがいいと思う。やりたいことがわからない人の方が多いわけだし、明確にわかっている方が恐らく勘違いだしね。


◆解決策
以上を踏まえて
「自分のやりたいことがわからない」場合、どうしたらいいのか?を整理してみます。


この問題は、ここまで考えきたように、心の状態(マインド)が大きく影響しているので、HOW TOのようなテクニック論では解決できないよね。だけど、ささやかなアクションの方向性を考えてみたので、一緒に実践していきたいな。


理由1「今まで、やりたいこと・好きなことをやることをしないできてしまったから」が原因だと思う人は、「自分のやりたいこと」を、人の基準から、自分の基準として取り戻す必要があると思う。今から、普段の小さなことから「周りに合わせるのではなく、自分の心がやりたいと感じること」をする。そのアクションの積み重ねしかないと思う。


例えば友達とランチを食べる時、パスタが食べたいと思ったら、とりあえず「私パスタ食べたいな」と言ってみる。意外と、こういう小さいところから、基準を自分以外に委ねてしまっている人が多いと感じます。大きな「やりたいこと」を作るためには、小さな「やりたいこと」を自分の意志で積み重ねていくことが大事だと思う。小さなアクションを変えることで、マインドも変えられるので、今からでは遅いと思わず、アクションしていこう。


理由2「やりたいことが自分の中にあって、いつかふつふつと沸いてくると考えてしまうから」が原因だと思う人は、独りで悶々と考えることをやめる。自分の内に引きこもったところで、自分の内面を掘ったところで、「自分のやりたいこと」なんて沸いて出てこない。


人と話す。人に相談する。OB・OG訪問をする。
とにかく人と会って、積極的に関わって、その中で「自分のやりたいこと」を少しずつ作っていく。
これもこういう小さなアクションの積み重ねでしか解決しない。人という鏡を見ることで、自分の姿が見えてくる。僕でよかったらいつでもみんなの「鏡」になります。自分では見えていないけど、鏡に映してみると、実はすでにかなり作られているということもあるよ。


あと、もう1つ、実は有効な解決策だと思うことがある。それは「ひとまず働いてみる」ということ。どれだけ考えても、どれだけ人と関わっても、働いたことがない時に「やりたい仕事」とか「仕事のやりがい」とかを、見つけるのはやっぱり難しい。僕も働いてみて、「あれ、思った感じと違うな」「自分ってこんなんだったんだ!」という発見とともに「作られていく」側面もあることを実感します。


今「自分のやりたいこと」がはっきりしないと焦っても、悪循環になるだけなので、そのテーマを意識しながら働いていくっていうのも、いい作戦だと、社会人のサポーターは強く思っています。


◆最後に
僕の考えは以上です。僕のやりたいこともみんなのやりたいことも、これからも変わったり、時には強い出会いの中で崩れてしまったりと、いろいろあると思う。でもそれはそれで正しいプロセス。将来「やりたいことがわからない」という状態になってしまったら、今日の話をちょっとでも思い出してもらえると嬉しいです。


このテーマは特に、就活中のみんなの声を聞かせてほしいです。異論・反論・質問、なんでもいいので、ぜひ感想を聞かせてね。

スポンサーサイト

テーマ:■就職活動 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

下線の文色付きの文字v-110

【2009/07/01 17:10】 URL | #- [ 編集]


初めまして。検索してたどりつきました、就活生です。

まさにやりたいことがわからなくなってしまって、色んなアドバイスがありすぎてこんがらがってる所です。

私は夢はありますが実現するには時間がかかるので、その間は嫌でも他のことをしなければいけなかったので、理由1にはうなずきました。

しかし、理由2の『「やりたいこと」は、内にも外にもない。その『間』に「作られる」。』と言い切ってしまったのには驚きました。

やりたいことは外には見出せないとは思いますが、内にはありますよね?

解決策の理由1で、「自分の心がやりたいと感じること」をするっておっしゃってますが、これは「間」だけ見てわかることなんでしょうか?

外と関わってそれによって与えられた気づきを内で確認するということのどこに「間」があるのか、私がバカだからなのか、よくわかりませんでした。


ただ筆者さんの想いは伝わります。
内を見すぎて迷路にはまってしまうのには注意しなければなりませんが、外と関わることによって色々なヒントをもらうといいってことですよね?
そしてたまには答えがわからなくても、思い切って飛び込んでみるのもよい、と。


とても役立つお話が多かったです。また遊びにきます!


運命の方程式を解く本
三宝出版 高橋佳子著

は内と外について、言葉に出来ないところを表現してくれた、最近の私の中でのヒット作ですので、是非読んでみてください。

【2008/04/24 18:23】 URL | まみ #- [ 編集]


>ペドロさん
コメントありがとう!
一歩一歩近づくしか、やりたいことを実現する方法はないよね。どんどんアクションしていこう!

【2007/02/08 22:27】 URL | サポーターより☆ #- [ 編集]


加納さん、こんばんわ。この間のコーチングサロンでは名刺ありがとうございました。その後考え方を前向きに変えて、ワークショップも取り組んでいます。

ワークショップもこのブログも、もう少し早く読んでいればよかったと思いました。「やりたいことがわからない」なんて思っているのは自分だけだと思って結構悩んでいたので・・・
他にも同じことで悩んでいる人がいるとわかって安心もしました。
自分なりには、この間のコーチングサロンを通して「やりたいこと」見えてきたような気がします。それを自分が選ぶことが出来るのか、まだわかりませんが、近づくだけでも近づいてみようと思っています。

【2007/02/07 03:51】 URL | ペドロ #- [ 編集]


加納さん、コメントのお返事ありがとうございます!!!!
作る気持ちですか、まずは自分起点で考えてみます☆

【2007/01/27 03:08】 URL | yamashiくま #- [ 編集]


yamashiくま、コメントありがとう!
大事なことを受け取ってくれたみたいで嬉しいです。
探す気持ちじゃなくて、作る気持ちの方がいいかもしれないね。

【2007/01/24 08:02】 URL | サポーターより☆ #- [ 編集]


加納さんこんばんは!
meijiのyamashiくまです。
やりたいことが明確に示せない自分がいます。
非常に悔しい。
素直に理由1が自分だからです。

探しています。必ずいまの自分から脱皮します。

【2007/01/24 02:48】 URL | yamashiくま #- [ 編集]


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/12/20 00:06】 | # [ 編集]


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/10/11 23:31】 | # [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。