就活サークル「チーム★Mirror」の就活生応援ブログ
メインブログをアメブロに移しました。http://ameblo.jp/kanotoshi/です。


プロフィール

加納敏彦

Author:加納敏彦
ビジネスコーチ加納敏彦です。
メインをアメブロに移しました。

「20代からトップ20%のビジネスパーソンになる方法」
http://ameblo.jp/kanotoshi/
アメブロも訪問してもらえたら嬉しいです。


「相互支援スクールGIFT」
オフィシャルサイトができました!

東京でビジネススクール&セミナーならGIFT
PC版オフィシャルサイト

東京でビジネススクール&セミナーならGIFT
モバイル版オフィシャルサイト

GIFT生の応援!
オフィス 引越し



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ごめんなさい」と「ありがとう」

今回は、就活と直結しないけど、どうしても書き残しておきたいことがあるので、打ち始めました。少し気持ちが整理できてきたので、今しか今の気持ちを言葉にできるチャンスがないと感じています。


テーマは「ごめんなさい」と「ありがとう」。


実は今日、僕が会社の新人時代に新人育成担当をしてくださった、小山さんという方の告別式がありました。癌で46歳の若さでお亡くなりになりました。


数日前にそのことを知ったのですが、僕はその事実を全く受け入れることができず、悲しむことができませんでした。告別式にも行ってはいけない気がして、行かないつもりでした。小山さんが亡くなったことが実感できなかったのです。


同期に引っ張られ、なんとか告別式には行きました。でもとても冷静でした。全く他人事で、知らない人のお葬式のようでした。


「小山さん・・・」
気持ちを言葉にしようとしても、それ以上言葉が出ません。その後、言葉がかき消されてしまいます。


目をつぶってお経を聞きながら、小山さんのことをずっと考えていました。新人時代、生意気な意見ばかり言う僕に「加納くんはもう・・・」と呆れながら、必ずしっかり話を聞いてくれた小山さん。僕のわがままな意見を幹部会に上げて検討してくれた小山さん。3年前に癌が悪化し、退社された小山さん。それでも僕たちの飲み会に参加してくださった小山さん。小山さんのことを考えていたら、1つの言葉だけが沸いてきました。


「小山さん・・・ごめんなさい・・・。」


「ごめんなさい」。この言葉が出てきたとき、今まで冷静だったのに、急に涙が溢れてきました。小山さんが亡くなったことが急に実感されてきました。僕の小山さんへの思いは「感謝」ではなく「後悔」であることに、情けなさを痛感しました。


小山さんとは去年、飲む約束をしていました。でも、仕事が忙しく、僕は行けませんでした。また飲みに行けばいいや。そう思っていました。飲み会をドタキャンしてしまった小山さんはもういません。僕は「ごめんなさい」という言葉しか出ませんでした。


小山さんの病状をどこまで理解していたのか?小山さんとの飲みよりも大事な仕事なのか?朝早く出社して頑張れば、終われたのではないか?全てが後悔の念しかありません。「ごめんなさい」としか言えない自分がいました。みんなと同じです。


目をつぶって涙をこらえながら、自分の情けなさをずっと考えていました。涙と後悔しか沸いてきません。それ以上言葉になりませんでした。


ふと目を開けると、小山さんの写真が目に入りました。
「小山さんはこんな僕のことをどう思っているんだろう?」
小山さんの気持ちを考えました。


小山さんは絶対に僕のことを怒ってない。「加納くんはもう・・・」と呆れながら、僕のことを相変わらず心配してくれている顔が鮮明に浮かびました。


「小山さん・・・ありがとう・・・。」
自然とこの言葉が浮かんできました。ずっと言いたかったけど、言おうとするとかき消されてしまった言葉。
もっと涙が出てきました。でもやっと、小山さんの死を自分の中で受け止めることができました。


小山さんのおかげで、自分が新人の時から、ちっとも成長していないことに気づきました。知識やスキルはついているけど、人としての器が全く大きくなっていない。それがよくわかりました。


小山さんは僕の心の中にいます。2年前に久しぶりに飲んだ時に、小山さんが「加納君もすっかり立派になっちゃって」と笑っていたのを思い出します。


小山さんが「立派になったね」って安心して言えるように、もっと成長します。「ごめんなさい」ではなく、「ありがとう」を言える人になります。このブログで宣言します。


自己満足な日記をここまで読んでくれて、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

ありがとうとごめんなさいってすごく大切な言葉だと思います。
わたしも同じようなことを日記に書いたことがあって。
そのときにお友達が
「ごめんなさい」と「ありがとう」って漢字にすると「謝罪」「感謝」だよね。
二つの言葉には謝るという漢字が入っていて。
感謝は感じて謝るでしょ。
日本人ってごめんなさいとかすみませんって言う言葉を使う人が多いと思うけど、私は「ありがとう」を言っている人が好きだし、言える人になりたいなって思っています。

最後になってしまいましたが・・・
小山さんのご冥福をお祈りいたします。

【2006/05/20 18:31】 URL | emi #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。